てからでまかせ帳

2017 / 09
08≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 ≫10

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 コメント:- トラックバック:-

月下のテニスコーツと宵闇の市と私。

2014/10/11(Sat) 16:15


目に見えないものがそこにはありました。


そこにいた人たちがきっと一同にそれを感じた夜でした。


言葉にならないなりに言葉にしてみよう、と。


年下のわたしがいうのもなんだけれどさやさんはすごくかわいい人です。お堂にお尻をむけてうたうことをとても気にして、まずさいしょにていねいにお参りをされて。ライブの前には宵闇の市をゆっくりみてまわり髪を切ったり集まった人たちと気さくに話をしながらお買い物してあるくさやさん。ライブではおぼろ月あかりの庭をはだしでうたい歩く姿は小さな女の子みたいにも見えました。少し冷えたやわらかい風がたいまつの火を揺らして、金色の葉っぱが降って、さやさんのうたと言葉、表情のうつろい。すべてが儚くいとおしく、胸に焼きつけるように。


髭と髪がうんとのびたたかしさんの煙草をふかす姿はワイルドでかっこよくて「たましい」のコーラスは獣の雄叫びみたいだった。ライブがおわってすぐにとてもすてきだったと伝えにいくと「テキトーっすよ」って笑うたかしさん、たまらなくしびれた。(そのあと、道具入れのバケツをずっと灰皿と間違えていたり、ピクニックシートに寝そべってビールをこぼして共演のサコウくんのギターにかかってヒイィーってなってる私を尻目に「おれのビールが~」って言ったりして、本当にテキトーでした。たかしさん大好き。)


わたしのとりわけ好きな曲「嗚咽と歓喜の名乗り歌」をおねだりしたら「最近ぜんぜんやってないな、サウンドチェックでちょっとやろうか」という感じで、わたしは会場のセッティングをしながらそわそわ。聞き耳をたてる。あれ、やらないで終わっちゃった。忘れちゃったのかな。と思ったら本番でやってくれた。CDともYoutubeに上がってるライブとも違うアレンジで。さやさんは、ある詩をはさんでいた。その詩はさやさんと音楽の境目が存在しないことを示してた。さやさんの言葉は感覚のままのかたちをしている。ときおり文章になっていない。それがとても不思議で、頭ではないどこか深くにとどく。説明のつかないテニスコーツの魔法だ。わたしはずっと泣きそうだったけど泣いたあとの顔で人と話すのがはずかしいからぎゅっと、我慢。


今回のテニスコーツ企画、自分なりのフルでサポートできてほんとによかった。一緒にやろうと誘ってくれた主催のマキくんに感謝。いつもライブ企画をしてくれている人にもリスペクトが沸いたり。告知のときに「いい音楽はふらりと聴きにいくが何よりのこと」みたいなことを書いたけど、終わってみたいまに思うこと。“テニスコーツがくる”ということ以外まっさらなところから右往左往しながら構成してゆき(場所決めに難航してめげかけていたときもマキくんはどんと構えていたので右往左往していたのは私だけかもしれない)たくさんの人の力が集まって実現したあの夜。月並みの表現ですが、そこを経てたどり着いたあの風景は100%のしあわせそのものでした。


最高の舞台を提供してくださった泰勝寺のみなさま、繋いでくれた坂口恭平くん、ひとつ返事でお店を出しに来てくれた宵闇の市のみんな。共演のオファーに乗ってくれたサコウリョーマくんにGIFTさん。音響機材を持って駆けつけてくれたぼうまくん。受け付けをやってくれたナギサさん。打ち上げさせていただいたzazaさん。一番のたより、マキくん。テニスコーツのさやさんにたかしさん。誘いにのってくれたすべてのみなさまと、たくさんのカマキリ。


ありがとう。


スポンサーサイト
未分類 コメント:0 トラックバック:0
コメント:
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
→http://doudoumagnolia.blog135.fc2.com/tb.php/42-a93b0022
Next Home  Prev

プロフィール

ソノダノア

Author:ソノダノア

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。